ストーリー

おかの整体院ホームページ|茨城県つくば市

029-869-9835

〒300-2635 茨城県つくば市東光台5-13-21

【営業時間】 平日=10:00~19:00(受付18時まで)土曜=10:00~17:00(受付16時まで)【定休日】 日曜・祝日

lv

ストーリー

「治療道」の入り口

 

 私は、高校・大学と、ラグビー部に所属していました。
 ラグビーは、体を激しくぶつけ合う競技です。それだけでも大変です。加えて、毎日の激しい練習、週末毎にある練習試合、各校がしのぎを削る大会への出場と、過酷なスケジュールが選手の体を消耗させます。練習・試合でケガをすると、長期離脱は免れません。部活内ではレギュラー争いが常ですから、長期離脱というものは、心理的にも負担を強いられます。
 一度のケガで、いつ復帰できるのかという不安、レギュラーを奪われる不安、復帰しても、再度負傷する不安と、肉体・精神の両面で負担が増えるのです。

 
 これは何も、ラグビーだけの話ではないはずです。他の競技でも、チームスポーツなら同じよ
うな状況に、個人競技なら記録の伸び悩み、または低下に関与すると思います。そして、競技レベルでスポーツを行っていない、健康のための運動をされている方でも、どこかを痛めれば、どれだけ休める必要があるのか、いつ再開してよいのか、どんなセルフケアを行っていけばいいのかなど、分からないことだらけで不安のはずです。
 実際、私が現役の時でさえ、そういったことを独学で研究しても、正しい情報を判断し、実行するまでに至るのは困難が多かったものでした。

 

 そんな時に出会ったのが、チームに定期的に来てくれていたトレーナーです。
 「こんな仕事もあるのか!」
と、当時の驚きと感動の感覚を、今でも覚えています。
 自分でもよく分かっていない体のことを、的確に指摘していただいたり、正しいセルフケアや
処置、予防のために重要なことなどを指導していただけたりと、とてもお世話になりました。
 「こんな人になりたい!選手の役に立てるし、技術や知識を利用すれば、一般の人たちにも、より良い生活を送ってもらえるはず!!」
と決意し、大学卒業後に、柔道整復師への道を歩みだしました。

 

修行の日々

 

専門学校は昼で授業が終わるため、早く技術を身に着けたいと思い、午後はつくば市内の接骨院で研修をさせてもらうことにしました。

 大学で体育学を専攻していたので、体のことには多少の知識はありましたが、この業界では自分は素人同然なのだと、すぐに思い知らされます。

 プロとは、圧倒的に知識量が違ったのです。自信喪失です。

 

 そんな右も左も分からない素人の私でしたが、学校の勉強とは別に、院
長(以下、師匠)が、毎日のように深夜まで熱心な指導をしてくださりました。師匠との勉強会は、帰りが夜中の1時や2時になることもよくあり、睡眠時間を削って学校に行くことが当たり前になっていました。

 

 師匠は、治療技術と医学知識に関することはもちろん、学校では教えて
くれない、治療院の経営に関することや、治療家として最も大切な部分の
精神面のことまで、短期間でみっちりと叩き込んでくださったのです。

 

現実とのジレンマ

 

 そんな努力が実を結び、私は、資格取得と同時に院長代理を務めるレベルにまで達することができました。自慢ではありませんが、通常はここまで達するのに10年くらいはかかります。しかし、師匠の元では当たり前であり、3年でなっていなくてはおかしいが常識でした笑

 

 そうこうして、私の治療家の日々は始まります。

 

 当時の院は、毎日100人以上が来院する、つくばでも1・2位を争う多忙な治療院で、1日100人以上を2~3人のスタッフで施術していくため、当然、1人にかける時間はとても短くなってしまいます。1人にかける時間が短ければ、1回に施術できる箇所はその日に目立つ症状のある場所のみに限られます。それでは、毎回、症状とのイタチごっこになりがちで、根本原因にまでたどり着くまでには、毎日のように通っていただかなければならず、トータルの通院期間も長期にわたることが多くなってしまします。

 

 また、治療院にいらしゃる方の中には、症状がなく、マッサージ代わりに通う方も多く、本当に治療が必要な方に必要な治療を届けることができないことも、しばしばありました。
 結果、根本的な原因を改善させる前に治療を離脱してしまうケースも間々あり、毎日、ジレンマを抱えていました。師匠からは、仕方のないことと言われていましたが、納得できずにもいました。

 
「こうなったら、自分の理想の治療ためには独立するしかない。」

 

 必要な方に必要な治療を届けることが、その院で行っていくことは難しいと判断した私は、師匠の元を離れ、自分の理想の治療道を歩むことを決意し、独立の門を開きました。

 

私の生きる道

 

 お世話になった師匠の元を離れ、独立するための準備に入ってから場所や内装などはスムーズに決定し、開設まで漕ぎ着けたのですが、最も重要な部分、理想とする治療のスタイルに関しては、突き詰められずにいました。

 
 結果、独立しても、行っていることは以前の職場とほとんど変わりがありませんでした。
「どうしたら、患者さんの負担を少なくしながらも、最大の効果を出せるだろうか・・・?」

 
 独立してからも、約3年間ほど悩んでいた私は、思い切って、似た業態である整体院や針灸院などがどのようにしているのかを学ぶため、つくば市内のいろいろな治療院やリラクゼーションサロンへ赴き、施術を受けてまわりました。

 そして、それらの治療院のやり方から、大きな学びを得ることができました。そこには、これまで接骨院としてのやり方しか知らなかった私には、目から鱗なヒントがたくさん埋もれていたのです。
 技術も勉強させていただきましたが、良いとされる整体やカイロプラクティック、鍼灸院では、私が前々から理想と考えていた治療のスタイルをとっていました。
 勉強になった先生方は、1人1人に1回の時間をしっかり設け、体の悩みだけでなく、患者さんの不安なども汲み取り、話をじっくり聴きながら治療を行っています。
 まさに、私の理想です。肉体的だけでなく、心理的な部分でも患者さんの役に立てる。この体験は、とても大きな衝撃になりました。

 これらの影響を受け、私の進む道の「軸」を、ようやく決めるに至ったのです。

 このようにして、スポーツを現役で行っていたころから想いを馳せ、厳しい修業時代を送り、独立してからも学びを続けた結果、「私の治療」を最大限にお届けできるようになった一つの答えが、現在のおかの整骨院のスタイルです。

 
 『1人1人に寄り添う整体院』

 これが、私が皆さんにお届けしたい治療院の理想の姿です。
 これからも、皆さまのお役に立てるよう、理想を大切にしながら精進してまいります。どうぞ、末永くご愛顧くださいませ。

 

unnamed

TOP